銭湯の思い出 正月

d0181099_01004557.jpg

2016年のお正月はさほど寒くもなく、曜日のあたりのせいで短いお休みでした。
今日4日から事務所行きましたが、ほぼ電話も鳴らずどこも明日から始動かな。

さて、かつて実家の銭湯での年末年始は、大晦日は年を越して午前1時くらいまで営業してました。一年の疲れをどうぞお風呂で流してくださいというようなかんじですね。除夜の鐘が聞こえてきて12時過ぎると、来られたお客さんには「こんばんは〜」じゃなく、「あけましておめでとうございますー」と挨拶しないといけないのでその時番台するのはちと気恥ずかしかったような。
それから風呂掃除終えて寝て、朝親族の家に集まり、ちょっと宴会、そして夜は早めに寝て、次の日2日は初湯で朝8時に開けてました。だから父母は早朝からボイラーに火を入れたりバタバタだったはず。さすがにその日は夕方5時くらいまでで閉めます。全盛期は初湯はとても賑わってたなー。たまにお年玉をくれるお客さんもいたっけね。
いつ頃からか、浴場組合の発案でしょうか初湯は酒湯てことになって、風呂用の日本酒が組合から配られてました。お風呂が終わったあとは超酒臭かったです。母はそんな忙しい中、おせち的な物や唐揚げやらよく作ってたなと感心します。はたして私ら手伝いしてたのかしら?
そして3日がお休みで、やっとゆっくり。その日に父の里まで行ってた気がします。(すべて記憶力が乏しく断定し辛い)

でも私は子どもの頃お正月が好きじゃなかったな〜。
お店はどっこも閉まり、原っぱには誰〜も遊んでなくて、おせちは子どもが好きなものは少ないし、雑煮もそんなに食べない。きな粉餅は好きだったけど。
誕生日なのにお祝いはついでだし、テレビだってつまんない。「春の海」ばっかりやたら耳につく。
嬉しいのはお年玉と集まったいとこたちとワイワイ騒ぐこと。
お屠蘇の赤酒はちょっと好き。熊本以外のお屠蘇はべ〜ってなっちゃいますね。

今は大人になって結婚もして、お正月はだいたい夫の実家。おせちはおおかたお母さんが作っててくれ、私はちょこっとお手伝いするくらい。昔は苦手だった数の子、菊花かぶ、酢蓮なんてのもだいたい食べられるようになりました。
お父さんの影響で2日と3日の箱根駅伝も見ます。毎年見てたら案外面白い。毎回ドラマがあるんですよね。タスキの重みが伝わるようです。
子どもたちのために始めた大ビンゴ大会ももう何回めかな。景品はたいしたことなくても当たることが大人も子どもも大事。

毎年同じような正月ですが、今年も前年同様つつがなく平穏に暮らせますようにまた来年の正月もビンゴ大会で笑えるようにと平和をかみしめる日なのかも。

まあでも自分の家に戻って、届いてる年賀状をチェックして、初洗濯機を回して、荷物を片付けながら
「やっぱりうちが一番ね」とほっとしたりしますけどね。
[PR]
by tontoandharry | 2016-01-05 00:58 | 思い出