「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

d0181099_12070135.jpg

先週、長崎へ一日旅行に行ってきました。前に長崎行ったのは15年くらい前、伊王島がメインだったので、長崎の街は中華街にちょっと寄ったことしか覚えてないな。

朝8時半から姉と一緒にペチャクチャお喋りしながらバスの旅。
着いたら姉の長女とまだ8ヶ月の娘が待っていて、あちこち連れて行ってくれました。

d0181099_12070209.jpg

まずは長崎美術館の『1∞ミナカケル展』。東京でも開催されたミナペルホネンの展覧会です。
洋服にとどまらず、いまや家具、食器、文具などにも皆川ワールドが。
会場の長崎県立美術館は隈研吾設計でモダーンです。水路の上に渡り廊下があるのがいい。
ワクワクして入場するともう見たことないような展示。
d0181099_12070212.jpg

各展示スペースは
mina perhonen
Fasion
Process
Making
Texitile
Products
Everydays
Living
Imagine
Minakakeru
のテーマがあります。
会場構成は田根剛さん。
それはもう360度楽しい展示。そしてスケールがでかい。
ミナペルホネンのファブリックやお洋服が絵画のように彫刻のように次々と現れてきます。
d0181099_12070383.jpg

細部にまでこだわったつくりに感動。
アイディアスケッチは見逃せない。
写真も撮ってOKだし、椅子にも座れます。あれは長居しちゃうわー。
d0181099_12070444.jpg

一番大きな展示室はLiving。左右両側二面の床面がoasisという馬の柄の壁。一面は窓、もう一面は皆川さんの言葉を書いた紙が何百と貼られています。とても全部は読めんけど。
そして展示室を出ると販売コーナー。ブローチやバッグなどそそられるものがズラリ。
一階のミュージーアムショップも気が利いた品揃えで感心。
クリスマスの飾りなど買いました。

d0181099_12070443.jpg

それから近くの四海樓でチャンポンとハトシを食べて、観光地巡り。
大浦天主堂、グラバー邸、40年ほど前に小学校の修学旅行で行ったのにほとんど忘れてます。
ちょうどシーズンなのかどこも修学旅行の高校生が溢れてました。
姪がイチオシの祈りの丘絵本美術館は、レンガ造り建物で絵本の数もすごいし関連グッズが充実。私はドイツの小さな木の鳥の玩具を買いました。
d0181099_12070580.jpg

そのあとは眼鏡橋の辺りを案内してくれ、細い脇道の変わったお店とか、猫とか眺めながらぶ〜らぶら。
姪は幼稚園の長男のお迎えがあるのでそこでバイバイ。ほんとにどこにいてもデキるガイド役を務めてくれてありがたいです。姪の娘の可愛さにもやられっぱなしでした。
そして5時過ぎのバスに乗って帰りもベラベラ喋りながら2時間半。
あー楽しかった〜!

ひとつだけ、次にバスの座席予約する時は6、7、8番のトイレ付近は避けるように覚えとかないと。
臭うのよ。
[PR]