「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:音楽( 37 )

d0181099_16222191.jpg

http://youtu.be/rgjteE5iJrE

先日のグラミー賞、みなさんご覧になりましたか?うちはWOWOW入ってないのでネットで覗いてみたら
見事ダフトパンクが5冠!
2人のロボットが抱き合うシーンは微笑ましくちょっと感動的でした。
ダフトパンクファンのうちの小僧も嬉しいことでしょう。

そして、ダフトパンク、ファレル・ウィリアムス、ナイル・ロジャース、スティーヴィー・ワンダー、オマー・ハキム、ネイサン・イースト等によるライブパフォーマンスの素晴らしかったこと!!
ゲットラッキーからシックのおしゃれフリーク、スティーヴィー・ワンダーのアナザースター。
なーんてカッコイイ!
音楽を好きな人誰だって喜んだでしょう。目も耳もたっぷり楽しませてもらいました。あーイカシてた。
会場のポール、リンゴ、年とってもお色気のあるバーバラ・バックもヨーコもスティーブン・タイラーも踊ってましたね。
ロボの二人はフランス人ですが、好きな音楽に国境はないというか、アメリカのファンク、ソウルミュージックの根の深さを感じました。

グラミーのライブはもちろん他にもいろいろあってて、リンゴとポールのもだし、ポールがデイブ・グロールと、とか興味深いのもたくさんで面白かったです。

さて今年はどんな曲が出てきて来年はどんなライブが見られるのでしょうか〜。
[PR]
d0181099_053757.jpg

二つ目のライブは、20年ぶりのPaul McCartney!
前回の福岡も行ったけどだいぶ記憶があやふやになってます。
Wings色が濃いかったかなーと思ってましたが、セットリストみると案外Beatlesのとソロのが多かったです。
まあとにかく、20年ぶりなのでもう張り切って指折り数えておりました。

さて11月15日、私は仕事も3時でしまえて、姉と合流し、天神から直行バスに乗ったもののあまりの混雑にめげそう。とにかくドームに着いて、コンサートグッズ買うかと思ったら鬼のような混み混みで断念。やっぱ5時前に着くべきだった。
そうこうしてるともうあっという間に6時近くなってて、仕事終わって駆けつけたオヤジと合流。
姉はスタンド席、私たちはアリーナなのでそこで別れ、ゲートに入るのに並ぶ→待つ→荷物検査→入る→人だらけ。で、また今度は中の通路に向かわないといけないけどその前にトイレと、ちょっとでも腹になんか入れとこうと、立ったままパンとドリンク。で、やっと通路からアリーナに向かいます。Fブロックだからかなーり後ろ。でも通路側だったのは良し。しかーし見回すとほんと年齢層高っ!
気になってた妹も無事7時前には姉の隣に座ったようでホッ。

ところで今回、画期的なことが。携帯でなら写真を撮っていいのです。動画、フラッシュ、音声録音はダメ。
私の席は遠いので豆粒にしか見えませんが前の方の人ならちゃんと撮れたでしょうね。

7時も過ぎ当分してBGMが大きくなったと思ったら暗くなりました。
そして、ついにポールの登場!大ーー歓声!!
Eight Days A Weekです。合唱です。Save Us、All My Loving...
大阪のセットリストをコピーして持ってきてたんですが、大体は変わりませんでした。
Beatlesナンバーは珍しいI've Just Seen A Faceなんてあったりして。
Wingsナンバーはノリノリ。
新アルバムNEWからの曲もどれもキャッチー。
そしてジョンのためにHere Today、ジョージにかわいらしいSomething、リンダへのMaybe I'm Amazed、震災にあった人々のためにLet It Be。
年をとり、慈しみの気持ちが大きくなってくるのでしょうね。

ポール、博多弁喋ってくれるし、サービス精神山盛り。そして元気さには圧倒されます。71歳ですよ、2時間以上立って歌い続けるとか、どんだけ鍛えてるんでしょう。

私はポールらしいロックンロールなナンバー、Long Tall SallyかI Saw Her Standing There どっちかは やって欲しいなーと思ってたんで、大阪はGet Backだったとこを、I Saw Her〜やってくれて超感激・超カッコいい。

そしてあっという間に最後のアンコール。ああ、もう終わるなんてサビシー!39曲、どれもサイコー!!ありがとう〜。

ステージ的にはBand On The Runの2回目の転調部の照明の派手さ、Live And Let Dieのばーんって火柱もスカッとしたし、メンバーも目立ち過ぎず、バックのスクリーンの映像も、なかなか良かったようです。何故か私真ん中のスクリーンあんまり見てなかった。Helter Skelterの映像はちょっと酔いそうだったけど。
あの3回回ってきてまた新しいみたいなデザインのピアノ、NEWの曲に合ってるよな、て気もする。

お知り合いの方が、もう号泣&絶叫だったって。だよねー私もじわわっときました。
これが来日ツアー最後かもって噂だったけど、あのぶんじゃまたあるかも〜ですね。
[PR]
d0181099_12461791.jpg

11月は2つのライブに行きました。
一つ目はたまたまネットで見かけて、すっかりお気に入りになったUlises Conti。

Ulises Contiは、1975年生まれ、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のコンポーザー、マルチ・インストゥルメンタリスト、サウンド・アーティスト。
ガレージ・ロック〜アシッド・フォーク、フォルクローレの古典からColleenまでをフォローする現代的な感覚と、ウィットに富んだ独創性溢れる楽曲で注目を浴びている、と紹介文にあります。
MVがとても良くって。

El Forasteroは、自宅のテラスで撮ったもの http://youtu.be/JSzKiNXdm2I
と フレッド・アステアが踊っているもの
http://youtu.be/dItMKxhBy_E
とありました。ペアの相手がジンジャー・ロジャースでなくエレノア・パウエル。「踊るニュウ・ヨーク」のシーンらしいです。美しいです。
ライブの会場となったのが、博多区にある古〜い教会。とても趣があり、こんな会場ならますます嬉しいぞーと期待もふくらみます。
当日、早めに着いて友人と合流、オヤジは後で到着。
古い、木造の素朴な造り。でかいパイプオルガン。手摺に可愛らしい羊の彫刻があり、皆写真撮ってました。

今回二部構成で、一部はJo Mango。Vashti Bunyanのバンドメンバーとしても知られるグラスゴーの女性シンガーソングライター。ピュアな歌声と素朴かつ深みのあるサウンド。英国独特のトラッドフォークを下地にしているそうですが、とても繊細で温かい音楽でした。頑張って日本語を交えて喋ってくれましたよ。

そして二部がUlises Conti。
登場してびっくり、映像や写真で見てたのよりうんと髭が伸びてて、クラッシックの音楽家みたいな。
始まりはピアノに肘をついてポツンポツンとゆっくりとしたメロディから。
それが聞き覚えのあるManuelとなり、どーっと盛り上がっていきます。映像が浮かんでくるような音楽の数々。
大好きなEl Forasteroも!
曲が終わっての拍手に、うんうんうんと頷くウリセス。
最後のFavorite Thingsも大変素敵な演奏でした。
終わってからサイン会もあり、新しいCDに書いてもらいましたよー。うっへっへ。

どちらも1時間足らずくらいだったのかな、でも大満足。やはりコンサートホールよりこの古い教会という会場がぴったりのライブだったと思います。

帰りはみんなで一杯引っかけてい〜い気分で戻りました。良い夜でした。
[PR]
映画の宣伝などで最近「ひこうき雲」をよく耳にしますね。
1973年、荒井由美デビューアルバムの曲。当時姉が買ってきてよく聞いていたものです。
ちょっと文学的な歌詞も洒落たメロディも独特の歌い方も新鮮でした。

去年NHKでこのアルバム制作時を振り返るという番組があってましたがとってもおもしろかったです。当時の参加メンバーは、荒井由実、細野晴臣、松任谷正隆、鈴木茂、林立夫、小原礼、駒沢裕城 他、とすごい面子ですね。

http://youtu.be/X1TrMI2P-HQ

「雨の街を」「ベルベット イースター」「きっと言える」など素敵な曲が満載で、才能と若さならではの輝きを感じました。
その後出た数枚には好きな曲もありましたが、その後はほぼ聞かなくなってしまいました。
日本のS&Gと言われる ブレッドアンドバター にもユーミンの作ったいい曲がありますね。ハイトーンなボーカルが合うんでしょうね。
「まちぶせ」は三木聖子バージョンが好きです。

その後に聞いてたのは竹内まりや。あののびのびとしたボーカルとアメリカンな雰囲気には山下達郎と同じくやられました。3枚目くらいまで買ったかな。

http://youtu.be/GzwAcStW0yw

石川セリのヒット曲「セクシー」を作った下田逸郎の本人ヴァージョン、なぜかだーい好きなのです。この歌い方もとても個性的ですね。
これからのひんやりしてくる季節、しとっとした音楽がよろしいんじゃないでしょうか。

*ここんとこMacの調子が悪くiPhoneのエキブロアプリで更新してますが、YouTubeが貼れなくて残念です…。

寂しいので飛行機雲ぽい写真貼っとこう
d0181099_18175186.jpg

[PR]
d0181099_2081581.jpg

寒い寒い!
今日は帽子を忘れて頭がむっちゃ寒かったです。
明日雪とか言ってるし。
来週は小僧修学旅行で長野AND東京。
長野でスキーとか運動神経ダメダメの男なので寒いばっかりでしょうな。


[PR]
すっかり秋の気温の今日この頃の福岡。
昨夜は半袖では寒いくらいで、今シーズン初の鍋にしました〜。

昨日は姪もやって来て事務所で従姉妹に頼まれた写真の加工をしてました。
と言っても作業は写真の仕事してた姪がメインで私は口出しするくらい。
亡くなられた旦那さんの写真をフレームに入れて飾るのに、程よいサイズのがないから、小さなスナップを大きくして背景を無くしてというお願い。
かなり拡大したので荒くなってしまったけどバックは空を合成してなんとか出来ました。
毎日シンミリしているという従姉妹、まだまだ一人の暮らしに慣れるには時間がかかるだろうな。ちょっとずつ悲しみが薄まっていきますように。



何となく私の中で秋のイメージのこの曲。
ニーナ シモン若い頃の映像。可愛いですね。
[PR]
d0181099_11473090.jpg

雨です〜。
梅雨ですからしょーがない。
でもこんなに鬱陶しいのは
 
 こないだ髪を切ったらおばはんくさくなってしまったから
 紫陽花が水を揚げきれないから
 小憎が6月病気味だから
 税金が高いから
 洗濯物が乾かないから
 ひどいニュースばかりだから
 猫の姿を見かけないから

などなどありますが、マイナスななにかが居着いたか?
Mちゃんにいただいたスマッジングセット使ってみるか!
んで、楽しい予定でも立てる事ですね。

おー今日はポールの誕生日じゃあーりませんか。いっちょうどうぞ!
♪あの娘におせっかい


ポール・ウェラーがお祝いだって。
♪Birthday

[PR]
Bob Welch亡くなったそうです。
ついこないだミック・フリートウッドやスティーヴィー・ニックスと出てる昔のライブ映像観て、今どうしてるんだろーと思ってたのに。
大ヒットしたエボニー・アイズとあと数曲しか知りませんが、花しょったようなキラキラしたイメージが好きでした。アメリカ人だけど妙にヨーロッパ風だしね。


[PR]
小憎の春休みも明日まで。
ああ、また早起きの日々が始まる…。
春は特に睡眠が心地よいからねー起きれるかいな?

で、エヴァリー・ブラザーズの「Wake Up Little Susie」



ついでに高校の頃従姉妹と二人でよく歌ってた「Bye Bye Love」


[PR]
d0181099_1254452.jpg

桜満開宣言出ましたね。あ〜毎日お花見行きたい、そんなこの頃
姪が男の子を出産しました!予定日より10日程早く、なかなかの難産だったようでしたが、待望の赤ちゃん 母も子もよー頑張った!おめでたーい報告でした!!

えー先日友人がライブに誘ってくれました。
夕方からなのでその前にちらっとお花見。皆陽気に誘われたか、ぞろぞろと大変な賑わい。確かにソメイヨシノはかなり咲いてましたが、しだれ桜は今週末あたりが見頃かな?
お花見行けるかな〜。嵐で花が飛ばされませんように!

さてライブは4つのバンドが出演しました。
友人の知り合いが地元のバンド2組のうちのひとつでボーカル。
歌声も素敵でしたがとにかくセクシーなボディ(胸!)に目が釘付けデスヨ。
もうひとつは思いっ切りブルースバンド。大所帯の楽しそうな演奏でした。
若い頃行ってたライブハウスにたまに出てたブルースバンドの印象の所為なのか
ロック寄りだといいんだけど、いかにも〜のブルースかつ日本語だとやや苦手。
クリームなんかもいいと思うし、映画の「クロスロード」や「オー!ブラザー」なんて好きだったんでブルースのたくさんあるジャンルの一部が苦手なんだろうな。

そして東京からのバンドはsleepy sheep。
オリジナルも良かったですがスティービー・ワンダーのスーパースティションがものすごくカッコ良かった!3人とも激しくうまい!キャラもい〜い。
やー知らんかったけどまた見たいな。

京都のfridgeは女性ボーカル、女性ギター、男性ベース。
関西弁のトークも面白かったし、うまい。
ベースのすごいチョッパーに指大丈夫か?と心配になりました。
ニール・ヤングのアフター・ザ・ゴールドラッシュをやってくれましたが
女の人が歌うのもこんななら好きだなというかんじ。
最後はみんなでセッション、スィート・ホーム・シカゴ。良かった。

長丁場でしたがオトクなライブでありました♪



スティーヴィー・レイ・ヴォーンのスーパースティション。「迷信」ですね。
このPV好きだったな〜!アメリカのいろんな迷信がちりばめてあります。
[PR]