ハードロ

d0181099_18214356.jpg

久しぶりに雪の舞う中、やっと観てきました『ハーブ&ドロシー』

は〜ほ〜と感心するばかり。
二人とも若い頃は絵を描かれていたんですね。
ドロシーが描いた絵を探して古いトランクを開けると
折り畳まれたキャンバスがたくさんしまってありました。
広げるとハーブの描いた抽象画。なかなか素敵な絵でしたが
二人はいつか描くのをやめてアートの収集を始めたんですね。

本当に狭い部屋に隙間無く埋められた作品の数々。
プラス、アーチーというふかふかの白猫とカメと魚たち。
我が家も一昨年引っ越しするまでは2DKにぎゅうぎゅうで住んでいて
最後はトラック1台分不用品やゴミを捨てましたよ。(まだ要らないものいっぱいだけど)
ハーブとドロシーが寄贈した収集品は大型トラック5台分と言ってましたね。
すべての情熱をアートの収集につぎ込んだ二人。
すてきなインテリアや心地よいソファーには興味がなかったのか。
ナショナルギャラリーからの謝礼はまた新しい作品を購入するのに使ったそう!

でも最後にMacBookを買ってましたね〜。
それまではヴォーゲル家でのメールのやり方は
テレビとキーボードと電話回線?をつなげた不思議かつじれったい方法だったようです。
これからはさくさくっとできますね。

d0181099_18145756.jpg

アーティスト達にもとても信頼されて、やはり二人は特別な存在。
アート界のマスコット、とも言われていました。
好きだから集める。シンプルですが鋭い審美眼がないとね。
二人には元気で長生きしてほしいですな。

ところどころでしゃれた色合わせの服着てましたね。
やはりセンスがいいからか〜。


*コメントの横のトラックバックをクリックするとkiyotayokiさんの『ハーブ&ドロシー』の記事が読めるよ〜☺
[PR]
by tontoandharry | 2011-02-14 00:53 | 映画 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://tonto2683.exblog.jp/tb/12870332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画の心理プロファイル at 2011-02-14 22:58
タイトル : 『ハーブ&ドロシー』(2008 米)
70席足らずの小さな映画館、渋谷にあるシアター・イメージフォーラムで映画を観てきた。 上映作品は、『ハーブ&ドロシー』というドキュメンタリー。 原題:HERB & DOROTHY(87分) 監督:佐々木芽生 音楽:デヴィッド・マズリン 出演:ハーバート・ヴォーゲル    ドロシー・ヴォーゲル NYの1LDKのアパートに住むハーブとドロシーは一見どこにでもいそうな仲のいい老夫婦。 ハーブは1922年生まれ、ドロシーが1935年生まれというから、この映画が撮られた頃は85歳と7...... more
Commented by kiyotayoki at 2011-02-14 20:13
雪の舞う中、やっとご覧になれたんですね♪
tontoandharryさんとしては、herbanddorothyを見逃すわけにはいきませんよね。

いやホント、お似合いのご夫婦でした(^-^)
奥様よりひとまわり上のハーブ、今もお元気だといいんですが。
Commented by tontoandharry at 2011-02-15 00:46
はーい見てきました!
ハーブ、88歳なんですね、脚もちょっと弱ってたようですし健康面が気になるところ。
でも続編が制作されているとか。その後の二人が見られるのを楽しみにしときます。

ところで関東地方 また雪ですね。
kiyotayokiさん、お出かけの際はお気をつけくださいね〜。